充実した看護師の休日の過ごし方

多忙な看護師にとって効率的な休日の過ごし方は、健康維持のために重要です。夜勤のある不規則勤務をしている看護師は、仮眠が許された一部の職場を除き夜勤の翌日は休日になります。退勤後看護師がどのように過ごすかが重要なポイントになります。まず夜勤の翌朝の退勤後帰宅まで日光を浴びてしまうと、体内のセロトニンが活発に分泌されて脳が活性化します。脳が活性化してしまうと眠くなくなってしまうため、帰宅してすぐに寝て休もうとしてもなかなか眠ることができないでしょう。

帰宅してすぐ眠りにつきたい場合は、退勤後職場から出て日光に直に当たらないように日傘やサングラスなどを身に着けてセロトニンの分泌を抑えるようにします。こうして夜勤の疲れを取るため休日に睡眠を取ることは不可欠ですが、日中寝すぎてしまうと昼夜逆転してしまうので短時間に集中して睡眠時間を取り、午後には起きて活動することも意識して行うようにします。帰宅後上手く寝付けないときは、多少眠いのを我慢して夕方まで起きている方法もあります。こうすれば夕方早めの就寝で翌朝まで十分な睡眠を取ることができ、昼夜逆転を防止できます。

また医療業界は日進月歩の進歩を遂げているので、スキルアップをしたい看護師には研修が欠かせません。日本看護協会などが主催する研修など医療技術を学ぶ機会は多いので、休日を利用して積極的に参加すると転職や院内の異動の際などにも有利になります。看護師の特定行為の研修などは受講することで資格取得すれば、看護師としての医療行為の幅が広がり現場でより活躍できるようになります。このように多くの看護師が疲労回復とスキルアップのバランスを考えた休日の過ごし方を実行しているのです。もし休日を見直してみたいのならば、このサイト理想的な週末を過ごそう☆を一度読んでみることをおすすめします。